このページでは初心者の方のための各ギアの説明となっております。
例えば 、数多くある靴の中からどの靴が最適なのかなど
商品選びにお役立てください。

 
 

■登山

「登山」と言っても標高、季節、行動時間や日数、スタイルによって多種多様あります。
例えばスタイルだけ挙げても、
日帰り登山・小屋を利用した泊まりの登山・小屋を利用せずにテント泊での登山・長期縦走・沢登り・高所登山
クライミング(フリークライミング、アルパインクライミング・・・)
などなど多岐に渡る。

■山道具
先程述べた標高、季節、行動時間や日数、スタイルによって適する道具が変わってくる。
日帰り登山でも登山靴、ザック、雨具、化繊やウールのウェアなどが必要になってくる。
そして道具1点ずつにそれぞれの意味があるのです。

このように山のジャンルや道具は広く深いため、個人での判断で道具を選ぶのは難しいものです。
何をやりたいか、どんな山を登りたいかを教えていただければ、プロの目と経験で選
び抜いた道具をお客様の「山のスタイル」に合うようにコーディネイト&サポートさせていただきます。

道具は日々進化しています。
簡単に言えば現時点のお店で扱っている品を使えば、現時点での最高の快適登山ができます。

特に「これから山を始めるぞ、新たのジャンルにチャレンジするぞ」という方、
自分にあった使えるものをセットアップしに「山の店デナリ」まで足をお運びください。

 
 


靴によって靴底の硬さ、ソールの形状&素材、アッパーの素材、防水性&透湿性、保温力など行きたい山によって
靴が異なりますので山に合わせた靴をお勧めします。

※実店舗では登山靴を履き始めから足が靴に馴染むように慣らしや多少の横幅(外反母趾等で当たる箇所など)を広げるなど微調整が可能です。


■4シーズン
厳冬期、冬季に対応。
寒さを防ぐためシューズには中綿がインサートされている。
二重構造のダブルブーツもある。

■3シーズン
春夏秋に対応するシューズ。岩稜など足場が悪くてもシャンクが硬めで安定感が得られる。

■トレッキング
里山や山の各スポットを周遊する。3シーズンのシューズより軽量に作られている。

■アプローチ
岩場へのアプローチやクライミング時にかさばる登山靴を軽量化するためによういます。

■クライミング
フリークライミング、アルパインクライミング、ボルタリング時に履くソールがフラットで柔らかい靴です。

 
 


容量の大きさ(リットル)、個人の背面の長さ、スタイルによっての機能性&素材で選ぶことをお勧めします。

※実店舗では実際に背負うであろう重量を背負っていただき個々の体にフィットしたものを選ばさせていただきます。


■〜30L (パネルローディング)
パックの外周に沿って付けられたジッパー開閉で荷物を出し入れする「パネルローディング」方式

■〜40L (トップローディング)
ドローコード等の開閉で荷室上部から荷物を出し入れする「トップローディング」方式

■40L〜 (トップローディング)
トップローディング方式の40L〜大型ザックまで

■タウン/トラベル


■メッセンジャー・3WAYバック


■ポケッタブル
畳むとコンパクトに収納可能なバック(ザック、トート、ダッフル、ショルダー)

■インナーバック/コンプレッション
ザックの中に入れ雨や雪の浸水を防いだり、パッキングの効率化を図る。

■ザックカバー
各サイズのザックカバー

 
 


山に登ると汗を掻きます。
汗は体温が下げるために出ます。
そんな汗で濡れた服は急速に体温を奪い体調を損ねるおそれがあります。
そこで登山などでは、なるべく速乾性が優れたウェアーが必要となります。

綿などは濡れても乾きが遅いですが化繊は速乾性があり
ウールは濡れても冷たく感じなく、そして長期の山生活でも臭いが出にくいなど
用途に応じてウェアーを選ぶことをお勧めします。


■ベースレイヤー
肌の上に着るものです。化繊、ウールが主流です。

■ミッドレイヤー
中間着は、フリース素材のプルジップ、フルジップなど。素材、毛の長さなど種類多数。

■トップス
ハードシェル、ソフトシェル、ダウンジャケットなどです。夏山でも朝夕やテント泊では寒いので、防寒具としてダウンやフリースを持って行きます。

■ベスト
ミッドでもトップスでも体幹部分を温めてくる。レイヤリング時も動きやすい。

■ボトムス
山では急登や急坂、木の枝や岩肌が所々にありますので動きに負荷を感じにくいストレッチ性や強度がある素材が必要となります。

■雨具
素材に何が使われているのか、何層なのかにより防水性(耐水圧)、透湿性、厚さ(重さ)、伸縮性などが変わってきます。
もちろん防風性もありますので雨天でなくても山では必須です。


■その他(靴下、グローブ、帽子など)
それぞれのシーズン、スタイルに対応できる物を揃えております。

 
 


足腰の負担を軽減すると共に、バランスを取ることから始まり搬送にも活用するというように用途は広いです。

■オールラウンドモデル
重量が重くなりますが長い期間使いたい人にオススメ

■軽量モデル
ライト&ファスト向け。

 
 


靴底に装着する鉄(素材は数種類あり)の爪です。

■縦走用
10、12、14本歯を用意してあります。素材が軽量のステンレススチール製やアルミ製あり。

■アイスクライミング用
フロントポイントの歯がデュアル(2本)やモノ(1本)など縦爪を揃えてあります。

■その他
春山、スノーハイク、雪渓、積雪地域などで使用。

 
 
滑落停止、耐風姿勢、支点、ステップをきるなど雪の斜面で必要となる道具です。シャフト(柄)の長さは身長やルートによって変えます。

■縦走用
シャフトがベント(曲がり)しているものストレートなもの。軽量なもの。支点などに使える頑丈なものなどルートによって変わってきます。

■アイスクライミング・ミックスクライミング用
氷に打ち込んだり、岩に引っ掛けたり岩の割れ目に入れジャミングしたりします。アイスウォール、ウィンタークライミング、アルパイン要素のあるクライミングでの仕様。
 
 
ヘッドライト、水筒、サーモス、コッフェル(鍋)、バーナー、ガスカートリッ ジ、レーション(保存性に優れた携帯用非常食)、サプリメント、
コンパスなど計器 類、防水スプレー、アイウェア

 
 


岩、雪、氷を攀じ登る(登攀する)ことをクライミングと呼び、その(クライミング)種類は多岐にわたりそれぞれで使う道具(ギア)が変わってきます。

■カラビナ
ロープとハーネスの連結時、支点、ビレイディバイス、ランナー、プロテクション類との組み合わせやラッキング時に使います。
 
カラビナの形状→変型D型、D型、オーバル。ゲートの種類→環付き(ロック)式、ワイヤー、ストレート、ベント。ノーズの形状。カラビナの大きさ。などなど様々です。
的確な指導を受け使用目的に合わせたものをお使い下さい。


■クイックドロー(ヌンチャク)
フリークラインミグでの使用度が高いです。岩→支点→クイックドロー→ロープ→人間。
片方がベントゲートのカラビナである場合はストレートゲート側を支点へクリップしベントゲート側にロープをクリップします。


■ビレイディバイス(ビレイ器)
ロープを付けて登っている人を確保することをビレイといい。ビレイディバイスはビレイに必要な道具です。
ロープを制動したり、懸垂下降時に使用します。

■プレテクション
クラック(岩の割れ目)のサイズに合ったカムやナッツをセットし、支点やランナーを作る。


■ロープ(ザイル)
クライマー同士を繋ぐものです。スポーツクライミングなど1本で使用するシングルロープ。
アルパインなどルートが屈折したり、岩角で切れる可能性がある場合はハーフ(ダブル)ロープを使用。
ツインロープってのもあります。使うスタイルで長さや太さも変わってきます。


■ハーネス
クライミング時に使う安全ベルトです。軽量なものや、簡易的なもの、腿の部分のループが調整でき4シーズン使用できるものなどがあります。
サイズだけでなく実際に吊ってもらって自分にあったものを。


■ランナー(スリング、シュリンゲ)
強度が強い輪。支点構築、カラビナと連結、ハーケンや木に巻く、簡易ハーネス、フリクションノット時に使用。長さ、幅など多数。


■その他
チョーク(滑り止め)、チョークバック、グローブ、ヘルメット、ギアラック、ロー プバック、ピトン類