オルトボックス「ピークドライ38S」新作&カタログ外商品入荷

オルトボックスのハイアルパインシリーズから、
背面長がSサイズの新作ザックが入荷です!

入り口が巾着タイプでサイドにアクセスジッパーがある仕様なのでロールトップ仕様のような完全防水ではありませんが、
雨蓋をしっかりと固定すれば、水分に対して高いプロテクション性能があります。

生地の耐水圧は50,000mm。

裏面がコーティングされたコシのある素材となります。

ORTOVOX「PEAK 38 S DRY」¥33,000(税込)
容量/38L
重量/1,410g
ミニマム重量/1,100g
背面/Short
素材/360Dナイロン(TPUコーティング)
カラー/dirty daisy

それでは、各機能をみていきます。
・サイドアクセスジッパー
サイドにある止水ジッパーからメインへアクセス可能です。

説明書にはIPX3ジッパーと記載があります。
このザック全体に言えますが、しっかりとした丁寧な作りです。

・ヒップベルトポケット
最近では欲しがる人が多い機能の1つ。
右側がストレッチ性のあるポケット。左側はギアラックとなります。

・内部アバランチ収納スペース

内部にオレンジバックルが付いた部屋があります。
ショベル、ショベルシャフト、プローブとアイコンがあり分かり安いです。

・ハイドレーション対応
こちらもアイコンがあります。黒色のバックル付きテープがハイドレーションキーパーになります。

・ロープホルダー

・ヘルメットホルダー、アックスホルダー、延長テープ
1番トップの写真ではアックスのシャフト留めテープが1個の写真ですが、安心してください。もう一つ付いています。

ヘルメットホルダーの受け側がセンス有りで、
サイドコンプレッションベルト上に一手間加えたループを構築してあります。

・エマジェンシーカード
拡張&取り外し可能な雨蓋の裏側には、エマジェンシーカード入れがあります。
カードも2枚付いています。

・フロントポケット
フロントには大きなジッパー付きポケットがあります。

・背面
背面は雪が付きにくい仕様です。

・表に出現しない縫製箇所
写真からではわかりにくいのですが、縫製箇所が少なく、ほとんどの箇所が接着(溶着)系で生地を合わせています。
例えば、内側のアバランチポケットは縫製させていますが、前面のフロントポケット設置で外にあらわれるはずの縫製箇所を無くし、パーツ配置によってプロテクション性能を高める設計へのこだわりが見えます。

ショート背面で作りがしっかりしたアルパインパックでした。
※カタログ外商品となります。
ネットショップはこちらからどうぞ!

ガルモント「ドラゴンテイル テック GTX」サイズ揃いました!

先日お伝えしました新ソール採用の

ドラゴンテイル テック GTX」「ドラゴンテイル テックGTX W’s
の2便目入荷がありサイズが揃いました!
※今回特注のUK3.0(21.5cm)~4.0(22.5cm)ですが、残念ながらUK3.0は生産されませんでしたので今回はUK3.5(22.0cm)からとなります。それでも日本ユーザー様には大変ありがたいことです。

アウトソールのスティッキー(粘り気)感と硬さ。

靴としての大切な足入れの良さ。歩きやすいクッション性。
重量こそありますが、滑りにくい&ある程度のパワーがあるアプローチシューズです。ある程度のパワーの為、トレッキング等で使っても快適に歩けます。

ラグ深さもあり、日本の土、泥等の環境にも対応してくれます。

そして、大変多くのお問い合わせをいただいております上記商品のミッドカットタイプ新作情報。
ベッタテック GTX」「ベッタテック GTX W’s
こちらはこれからの「21FW新作」となりますが、現段階では8月中順~下旬入荷予定となっております。
※一時は7月上旬~中順に入る可能性もあるとご案内させていただきましたが、ここ最近、コロナの影響で工場がある地域がロックダウンとなり、生産が止まっております。入荷情報が二転三転して申し分けございません。
入荷しましたら、なるべく早くにご案内させていただきます。

現在2名のガイドさんに現場で製品テストをしていただいております。とても高評価をいただいておりまが、正式なインプレッションが公開されましたら当ブログからも改めてご紹介させていただきます。
初期入荷数もある程度あるのですが、御予約も増えてきていますので要注意&要注目な商品となります。

・「ドラゴンテイルテック」と「ベッタテック」の詳細はこちらから過去記事をご参照くださいませ。

・「ドラゴンテイルテック」のネットショップはこちらからどうぞ!

TNF「ボトルポケット」

暑いですね!水分補給はしっかりと!

ノースフェイスのボトルホルダーが入荷です!

500mlサイズのペットボトルや
500mlサイズのナルゲンボトルが等が入るサイズ感です。
写真は500mlのナルゲンボトル広口を入れた状況です。

機能を見ていきます。
底面メッシュ(補強テープ有り)

・サイドストレッチメッシュ
様々なボトルの直径に対応するためにサイドはストレッチが効く素材となっています。

そして、そのサイドストレッチパネルを台形にすることで、ボトルの出し入れの際は伸縮幅が大きく扱いやすく、底に向かってストレッチ面を細くすることで細径のボトルでも形を崩さないようになっています。

・固定用テープ
下部にテンション高めのショルダーベルトへの固定用となるバックル付きテープが付いています。

・ねじれ防止機能付きのカラビナ

・ストッパー付き
500mlのペッドボトルが不意に落ちないように上部にコードロック付きゴムが付いています。

人気のG社とまたデザインが違って、こちらもかっこいいですね。

THE NORTH FACE「Bottle Pocket」¥3,300(税込)
重量/40g
カラー/バーントオリーブグリーン(BO)、ブラック(K)

ネットショップはこちらからどうぞ!

エーデルリッド「2021ミッション系」新作入荷

先日に紹介させていただきました新登場の超軽量ソリッドゲートカラビナ。
ベントゲートにつづきまして、
ストレートゲート、ベントゲートの別カラー、6カラーパックと続々入荷してきました。

まず、ストレート。
EDELRID「Mission Straight」¥1,694(税込)
重量/29g
強度/20-7-7kN
タテ径/90mm
ゲート開口幅/21mm
カラー/シルバー

続きましてベントゲートの別カラー
EDELRID「Mission Bent」¥1,694(税込)
重量/29g
強度/20-7-7kN
タテ径/90mm
ゲート開口幅/23mm
カラー/アイスミント(今回入荷)、オアシス

110缶と比べると小さいのがよくわかります。

続きまして、カムのラッキングで重宝な6パック
EDELRID「Mission Sixpack (21SS)」¥9,460(税込)
ミッションベントの6カラーパックとなります。
重量/29g
強度/20-7-7kN
タテ径/90mm
ゲート開口幅/21mm
カラー/ブルー、グリーン、パープル、レッド、イエロー、ガンメタル
(上記シックスパックのカラー名称は正式ではありません)

ちなみに単発売りのミッションベントのアイスミント、オアシスは6パックのブルー、グリーンと色が違います。
オアシスとブルーは見比べないと分からないレベルではあります。
ちなみに現在、6パックのバラ売りは行っていませんが、セットで買った方が割安になります。

各種ネットショップはこちらからどうぞ!

クピルカ「クピルカ21ムーミン&クピルカ55ムーミン」入荷

フィンランドのアウトドア・テーブルウェアブランドの「クピルカ」と
フィンランド代表するキャラクター「ムーミン」との人気コラボアイテム。
今回の入荷商品とデザインは下記になります。

KUPILKA「クピルカ21 ムーミン」¥3,190(税込)
重量・・・83g
サイズ・・・高さ60×幅93×奥行き165mm
容量・・・210ml
カラー・・・
・キャンピング/ブラウン(CP/BN)

・リトルミィ/レッド(LM/RD)

110缶と比べるとサイズ感はこんな感じです。

KUPILKA「クピルカ55 ムーミン」¥3,520(税込)
重量・・・184g
サイズ・・・54 x 154 x 223mm
容量・・・550mL
カラー・・・
・ムーミンコーヒー/ブラウン(MC/BN)

・ムーミンコーヒー/ブラック(MC/BK)

・キャンピング/ブラック(CP/BK)

・キャンピング/ブラウン(CP/BN)

110缶と比べるとサイズ感はこんな感じです。

深さは

21と55でのサイズ感は、
お好きなデザインとカラーで合わせて持っていくと素敵ですね。

こちらは「ムーミン」とのコラボ商品ではありませんが、
大さじ1(15ml)の大きさで超かわいいミニサイズです。
KUPILKA「クピルカ1 」¥715(税込)
重量・・・6g
サイズ・・・高さ66 × 幅37 × 奥行き24mm
容量・・・15mL
カラー・・・グリーン(GN)

どの商品もとてもかわいいんですが、
機能的な部分も考えらて作られていますので少し紹介させていただきます。

【持ち手(ハンドル)】

クピルカの持ち手は素晴らしい形状となっていて、

カーブした持ち手と指の引っかかりがあることで、
少ない力で持てて、スリップも少ない形状になっています。

また、持った時には自然と水平に近くなるハンドル形状なので、中の飲み物や料理が安定していただけます。

【素材からなる風合い】
木繊維とポリプロピレンを混ぜ合わせた独自素材となっております。

耐久性、耐熱性に優れるとともに、
自然素材からくる質感と一般的な木製食器にはない発色が可能で、
どのカラーも自然界の一部を切り取ったように見えてとても落ち着きがあります。

最後に共通仕様の仕様となります。
素材・・・木繊維とポリプロピレンを混合したオリジナル素材
耐熱温度・・・-30℃~100℃(食器洗い乾燥機対応)
製造・・・フィンランド
※容器に飲み物を入れて放置すると木繊維の色が移ることがありますが、体に害はございません。
※レーザー刻印によるプリントが経年変化により薄くなることがありますが、使用には問題ございません。

クピルカシリーズのネットショップはこちらからどうぞ!

DMM「ダイナテッククイックドロー11mm 25cm」

太さ11mmでは市場に少ない25cmのクイックドロースリング。
DMM「ダイナテッククイックドロー11mm 25cm」¥1,430(税込)
重量/24g
強度/22kN

長いですね。

18cmと比べても長いのが分かります。
左25cm、右18cm(他社)

仕様はゴム縫い込み式となります。
素材はダイナテック(超高分子量ポリエチレン)製で軽量かつ高強度となります。

ネットショップはこちらからどうぞ!!

スポルティバ「エクイリビウム ST GTX W’s」新作入荷

先日ユニセックスモデルに続きましてW’sモデルも未入荷分が入荷してきました!
しかしながら、ほとんどのサイズが御予約分で売り切れとなりました。
※夏から秋にかけて再入荷はありそうです。

ここで大事な注意点ですが、
「エクイリビウム ST GTX WOMAN」と「エクイリビウム ST GTX」は名称とカラーが違うだけで木型(ラスト)は同じとなります。
つまりEUR39や40などサイズ展開が被ってくるサイズは色が選べるということになります。
左:BLACK/YELLOW、右:BLACK HIBISCUS

LA SPORTIVA「AEQUILIBRIUM ST GTX WOMAN」¥47,300(税込)
重量/515g(1/2ペア)
アッパー/防水60.6ナイロン+ハニカムガード
ライニング/GORE-TEX®Performance Comfort
ソール/ビブラム インパクトブレーキ+ダブルヒールシステム
カラー/ブラック×ハイビスカス(999402)
サイズ/EUR36~40

見た目からも最新鋭感がヒシヒシと伝わってきますね。
※「エクイリビウム」の機能詳細はこちらから過去記事をご参照ください。

ちなみにインソールは新しい設計となっています。

全体的な厚みと裏側の指などに合わせて厚みを持たせてありますので、
通常の3シーズンブーツよりここの部分でもクッション性が高くなります。

ユニセックスモデルも再入荷しました!
しかしながら、ユニセックスモデルも注目度No.1からの人気爆発なので在庫が無いサイズは次回入荷(夏~秋頃)をお待ちくださいませ。
ネットショップはこちらからどうぞ!

ネルエピック「20mmテープラダー」Ver.最新

おかげさまで一昨日紹介させていただきました「スマートフォンケース」と「カメラケース」は即完売となり、
昨日急いで発注をかけて本日中に再入荷予定となります!!
いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

本日もネルエピックの商品を紹介させていただきますが、同ブランド商品郡の中でもコアなものとなります。
それでは、本日もお付き合いくださいませ。

足入れがしやすいラダー(アブミ)!
しかも軽量でコンパク収納が可能なモデルになります。
NEL-EPIC「20mmテープラダー」¥5,390(税込)
重量/155g
仕様/4段ラダータイプ、リストストラップ
カラー/ブラック×マゼンタ、ブラック×グリーン
アブミのタイプ等についてはこちらから過去記事をご参照くださいませ。

基本このアブミと変わっていませんが、復習兼ねて紹介させていただきます。

各段の高さはあえて均等にしておらず、
特に最上段への足入れを快適にするために、位置が考えられています。

そして各段のステップにサンドイッチされているプラプレートの硬さが秀逸なんです。

硬すぎず、柔らかすぎずなので、例えば2~4段目に足を入れて荷重かけた際も、
それより上のステップが荷重により潰れて、足を入れるときに手で開いたり、足をねじ込んだりする必要がなく、アブミを初めて使う方にはもっとも使い安いモデルになると思います。

リストストラップも上部にありすぎると支点とカラビナから手が近く、壁の傾斜によっては自重で手が潰れてしまいますが、少し長くなっているので手も入れ安い上に潰れも軽減です。

ラダーをザックに入れて持ち運ぶ際は、他のギアと絡まったり、嵩張ったりとちょっとお荷物になりがちですが、
このモデルはケースにコンパクに収納できる上に、本体を取り出した空ケースは本体下部のバックルに固定しておくこともできます。
再登場がある中でルート中に邪魔でしまいたい時に便利な機能です。
収納袋は多少ゆとりを持たせてありますので本体をキレイに折り畳まなくてもケースに入ります。
ちなみにケース開口はスピードクロージャーでこういう点も抜かりがありません。

収納時のサイズ感は250缶と比べるとこんな感じになります。

カラビナと比べると。
このスペックでこのサイズ感と重量。◎

風が強い登攀中にラダーが風にあおられても次に入れる側(左右)が分かり安いように、左右色違いでの使用がおすすめです。
ネットショップはこちらからどうぞ!

ネルエピック「スマートフォンケース」「カメラメース」

ネルエピック(キャニオンワークス)から人気商品が入荷です!

そなん人気の使い勝手がよいスマホケース&カメラケースの紹介です!
NEL-EPIC「Smartphone Case」¥3,256(税込)
重量/約60g
サイズ/約17×9.5×3cm
素材/ナイロン
カラー/Olive、Tan

では、何がよくあるケースと違うのか。
個人的に最大の使い勝手のよさを感じる箇所から見ていきます。

【ベルクロフラップ】
ルート上や行動中にでサッと取り出し、サッと撮影等をする場合はファスナー開閉をするのが面倒となりますが、
このモデルは「ファスナー全開でフラップ留めだけにしておけば撮影機会には素早く中身を取り出すことが可能」
そしてフラップによって不意に中身が簡単に飛び出すこともありません。
この使いかた、おすすめです。


出番が少ないときや小雨等でプロテクションを高めたい時にジッパーの出番です。

【ベルトループの滑り止め】
通常、ザックショルダーベルトへ付けた際に、ハイドレーションガイドからバックアップも兼ねてケースを吊し留めてあっても前後左右にブレるケース。

取付側、一見普通に見えますが開くと工夫が。

このケースは取付た接地面と接触する留めバンド内側とその反対側本体に滑り止めの素材を使っています。

この滑り止め素材で挟み込むことによって前後左右のブレが少ないです。

ここからは一般的に見られる機能ですが大事なところですので、
【2WAYファスナー】
右手左手で開閉を選ばず、またザックショルダーベルトへの取付も右左どちらにつけてもファスナー開閉が簡単に行えます。

【取付バックアップループ】
ザックのショルダーベルトへの取付時はバックアップ用のループにアクセサリーカラビナ等を付けていただくと尚更快適です。

【全周のパッド】
適厚なパッドが衝撃から中身を守ってくれます。

【ジッパーフラップ】
ファスナー擦れから収納物を守りつつ外部からの汚れ等の進入も防いでくれます。

【横向きベルト対応】
ザックのウエストハーネスやズボンのベルトなどの横向きベルトにも取り付けが可能となります。

iPhone7とのサイズ比較はこんな感じになります。

そして防水デジタルカメラ「オリンパスTG」の収納にぴったりサイズな、カメラケースもスマホケースと同仕様となります。

NEL-EPIC「Camera Case TG」¥3,190(税込)
重量/約52g
サイズ/約13×7×6.6cm
素材/ナイロン
カラー/Olive、Tan

どちらも、無駄が無くシンプルに纏め上げられているのに使い勝手が非常に優れている点。
さすが専門的な製品やコアな製品を長年作り続けているキャニオンワークスさんの技術力と柔軟に現場からの声を取り入れ形にする対応力の高さからでしょうか。
ちなみに前のモデルはこんな感じでしたよ。

あとはお持ちのスマホ。そしてカメラに合うかどうかだけです。
(左カメラケース。右スマホケース。)

厚みも変わります。
(左カメラケース。右スマホケース。)

ネルエピック各商品のネットショップはこちらからどうぞ!!

コング「キサ ショックアブソーバー」

複数回使えるショックアブソーバー。
KONG「KISA SHOCK ABSORBER」¥1,760(税込)
重量/約62g
ロープ対応径/9mmまたは11mm

ロープは9mmと11mmが対応となりますが、
ロープの使用状態や加工によっても流れが変わります。

9mm前後は9mmポジションでセットして、11mm前後は11mmポジションでセットしてください。
それぞれの通し方で穴にロープを通したら、本番で落ちる前に安全な環境でテストをしてください。
ちょうどよく流れてから止まるロープになっているか試してから本番で使用してください。
鎖場や貧弱な視点の時には支点側の負荷も軽減されます。
ちなみに11mmと9mmポジションでは穴通しを1つ減らすことで、アイスモードというよりロープが流れる設定も可能です。

当店で8.5mmハーフロープでテストしてみました。
フィックスされた鎖場通過を設定として、

落ちる前はこの位置のキサが、

落ちると、腰への衝撃は少なく、ここまで移動しました。(支点より若干低い位置からの落下)
1回大きな負荷が掛かるとロープ径によりますが、ロープがかために固定されます。
大きな移動があった場合には次に負荷が掛かる際の流れ幅を作る為に初期の位置に戻してください。

このタイプは蛇腹状のショック(エネルギー)アブソーバーと比べるとロープを元の位置に戻せば繰り返し使えるのが利点です。
よく流通している蛇腹状のタイプは基本、EN958規格適合やPPEだったりと信頼性は格段に上がり、負荷が掛かると特殊な縫製が裂ける事によって蛇腹が広がりショックをやららげてくれますが、広がってしまえば再度使用は不可能となります。

ここで上記でも少し出てきましたが注意点です。
すべての構成や使用方法をテストすることは困難なようで、
PPE(個人用保護器具)には属しませんので使用の際はご注意下さい。
また、ヴィアフェラータ用のエネルギーアブソーバーはEN958規格の適合が必要ですが、こちらも規格外となります。
何度も使用できて使い勝手はいいですが、個人で責任を持って安全に使用してください。

ネットショップはこちらからどうぞ!