19/20FWな話し、その3:持込マッチング編<4>

で、ドライマニアの皆様にはコチラ。

セカンドポイントを完全にそぎ落とし、フロント1本勝負!!。

ただ、残念な事に、T-DRY(Tドライ)は、Raptor Crampon(ラプタークランポン)と同じ感じのフロント下がりです・・・。

そもそも、現行ラプターのフロントポイントは旧ラプターと同じ。一度消えましたが「最復活」で現在に至っています。

だから、どちらかと言うと「氷寄り」でドライマニアの皆様にはあまりかわいがってもらえません。

C社 BLADE RUNNER(ブレードランナー)のソレも氷では絶大な評価ですが、ドライでの評価は皆無。いわんや、ラプターのフロントポイントと同じ様な下さがりではドライマニアの皆様は満足せんでしょ・・・。

アイスもドライも水平時のフロントポイント角は同じです・・・。

ただ、所謂「ダウントゥー」!?、最先端はかぶりものの掻き込みスタイルなの!?。

まぁ、何やかんやでご紹介して参りましたが、26cm相当の足サイズの方なら、完全予約制にてサンプルお借り出来なくはないので、スタッフまでご相談下さい。

コッチは製品版が先日入荷したとの報告がありましたので、合わせてご相談下さい。

19/20FWな話し、その3:持込マッチング編<3>

使い所でユーザーニーズも異なります。

先ずはWIC(うぉーたーあいすくらいまー)向け仕様のコチラを検証。

セカンドの出具合など、REBEL ICE(レベルアイス)+ Raptor Crampon(ラプタークランポン)エクステネイル仕様ver.と比べても遜色なし。

フロントポイントはC社 BLADE RUNNER(ブレードランナー)のソレなんで、WIC向きです。

更に、セカンドポイントの出っ張り具合もそれなりで、押し当て力ありそーです!!。

19/20FWな話し、その3:持込マッチング編<2>

では、ビルドしてみましょう!。

ほら、超口開いた『暴走後覚醒エヴァ』じゃねぇ!?。

そんでもって、コッチが口開く前、『暴走前エヴァ』。

K島くんのREBEL ICE(レベルアイス)+ Raptor Crampon(ラプタークランポン)エクステネイル仕様ver.を並べるとこんな感じ。

入院中で暇なKくん、どーよ、たまらんだろ!!。もう少し検証しますから、ヲタのしみに!!。

19/20FWな話し、その3:持込マッチング編<1>

「イケそーかどーか靴持って会場入りして下さい」とのK島くん指示により準備万端。ブーツよし、工具よし、時間たっぷり!。

工場長がこーゆーことはじめると「変な人オーラ」全開なので、誰も近寄ってきませんが、色々試すには最適な環境です(笑)!。

コチラ、T-DRY(Tドライ)。DRY DRAGON(ドライドラゴン)用のクランポン。『暴走前エヴァ』と命名します。

そんでもってコチラがシンクロ率400%越、『暴走後覚醒エヴァ』。ICE DRAGON(アイスドラゴン)についている方。

ほれ、こーすれば、エヴァンゲリオン感が増します。

えっ!、伝わらない!?。そんなヲタ度足りない連中はコレ見とけ

2018-19工場長日誌 067-070

今日はバイザーの取付からスタート。

ハイ、Focus(フォーカス)にGALAXY(ギャラクシー)用バイザーON。

Rock Rider(ロックライダー)にGALAXY(ギャラクシー)用バイザーON。

で、そろそろ納期的にヤバい感じがしてきたSOUL(ソウル)をやっつけよう!!。

お金掛けるか掛けないか、チューンドとデフォルトではこの位の差です(笑)!。

新潟納品分。

V社納品分。

そー言えば、コレも1枚預かっていたので合わせて納品。

1枚でも作業しますが、基本2枚にして欲しい。左右のバランス、シンメトリーの美学、工場長的にはそーゆーのが重要な訳で・・・。

2018-19工場長日誌 063-066

今シーズンはNOMIC(ノミック)の動きが絶好調!。故に工場長的には飽きてきた・・・。

とは言え、ネタ仕込んでおいた甲斐もあり、初代ノミック様のグリップレスト変更依頼でマンネリ化を解消です!!。

使用感十分なので、ある意味、替え時ですな。

そんな訳でまずはスペーサー的なものを準備。

で、当時のナットはナイロンナットじゃなかった模様。ダイサイのでここはナイロナットに変更しましょう!。

恐ろしく地味な作業を経て完成。

ピックトップもダサイから修正。

つづけて新品のPURE’ICE、2人分。

更にNOMIC(ノミック)1人分で、本日の出来高4名様なり。

2018-19工場長日誌 057(『ストイックなベール調整』編3/3)

そーなると、他にもやりたいのアルんだよねぇ~。

CT社 HYPER-SPIKE(ハイパースパイク)・・・。

デナリさん的には、小さい靴に不向きなブレラン救世主的存在でしたが、フロントベール穴が2つしかなく、ストイックな調整が厳しいのが悩み所のアレですわ・・・。

コレに先程のベールを組み込むとこんな感じ。

画像奥がノーマル、手前がBD Crampon Toe Bail、先っちょ削り取りVer.。

ベールが起きる事でブーツトップの迫り出しがなくなりました!!。

ポン付け可能なP社のパーツも悪くありませんが、

B社71mm位置で、

P社76mm、どーせ狭くしたいなら最狭はB社「Narrow先っちょ削り取りVer.」です。

まぁ、外れたりズレたりしてもトラブルがなければここまでストイックにしなる必要はないと思います。

ただ、オーバーパンツの裾が挟まったりするトラブルはなくないミラクルトラブルですので、色んな事考えておくのはイイ事です。

そー言えば、コチラの案件にも効果あるんじゃね?。

隙間を減らすことで、踏み込みの力のロスを減少。Wさん、第2号被験者の立候補お待ちしております(笑)!!。

2018-19工場長日誌 057(『ストイックなベール調整』編2/3)

でも、工場長にかかれば瞬殺、少し削ってハイ完成!!。

まぁ、標準的な男性サイズ足のわたくしにはあまり萌え感が少ない作業ですが、お客さん出費で実験出来るなら話は別。

一度色んな穴に入れてみたかったんだよなぁ~、BD Crampon Toe Bail

ダウンサイジングで、左右の隙間減りました!!。

2018-19工場長日誌 057(『ストイックなベール調整』編1/3)

ブログ開いても毎日毎日同じよ―な先端画像ばかり。そろそろ飽きてきたでしょ?、ご心配なく。工場長、もっとウンザリしてますから・・・。

なので、今日は違うネタで勝負。「おせちもイイけどカレーもーね」つーことで。

コチラ、C社のBLADE RUNNER(ブレードランナー)。WIC(うぉーたーあいすくらいまー)絶賛の逸品。

とは言え、①ゴツいので重量が出る、②ダンゴになりやすい、③サイズ小さい靴に向かない、などの弱点に加え、「つま先が左右に動く時がありどーにかなりませんかね?」と言う相談を女性ユーザーから受けました。
所謂、④「フロントベール広くね?」疑惑・・・。

画像下側がブレラン純正、上側がBD Crampon Toe Bail (Narrow)。確かに、今時は色んなブーツに合うよう、各社オプション出してますね

とは言え、他社製品に向けたオプションではないので、ポン付けができる訳でも無く、

先端形状が違うので、穴に入れることが出来ません・・・。