DIY=デナリに行って良かった。

先月の赤につづき、「ASCENSIONST(アセンジョニスト)45Lにハイドレーション」のご要望。

部品作って、

位置合わせて縫う。

穴開け後、カバー的なものつけて完成。

続いてのご相談。「AETHER(イーサ)60の雄バックルの飛び」。

バックルは、テープ幅は勿論、バックル形状、メーカーやモデル年代で使われているパーツが異なります。

「どこのメーカーのどのモデルのどの年代のどこが壊れた」のか分からなければ、パーツの取りよーもないし、ミシン修理かどーかも分かりません。

今回は相当古いモデルながら、ロストさんがパーツ持っていたので、雄バックルのみ交換、激安¥162。

「これ付きますか?」とARCのバックル持って来たけど、ほどいて縫ってしてたら10倍近く費用がかかります。

よーするに、Do It Yourselfで考えたり作業するより、その浅知恵が正解かどーかその筋の人に相談してみた方が効率が良い。

「持ってくの面倒くせーなー」は分かりますが、『急がば回れ』、自分で作業して手に負えなくなって持って来られても時既に遅し・・・。

不毛なDIYより四ッ谷下車でDIY、こーしてバックルームには変な機械が増えていく訳で・・・(笑)。

遊んでるよーにしか思われない理由 1/2

先月のバイト、『海で温泉掘り』。

よーするにだ、「店にいないと作業が進まない」→「依頼品放置」→「また誰かが持って来る」→「また仕事が溜まる」→「スタッフの冷ややかな視線」→「いたたまれず、あわよくば逃亡」・・・。

ただ、やっと一山終わらせても、敏腕マネージャーがガンガン仕事取ってくるのでキリがない・・・。

「ナニコレ、増えてるじゃん!!、俺こんなの知らねーぞ!!」と言っても無駄、「居ないからですよね!?」と言われ・・・。

ただ、外仕事、故障も多い訳で、左の指先が持って逝かれ中・・・。

2018-19工場長日誌 102-103

レアもののメンテです。

画像左から、厚み調整前、厚み調整後、工場長の。

まぁ、薄造りしすぎるともげるので、こんなモンじゃない?

が、物足りないのでもう少しいっとくかぁ!?。

ハイ完成。

で、ブーツの方も。

フロントポイント・補助輪他一式修正。

只今、補助輪は焼き入れ加工が可能になりました。毎回打ち直すのが面倒な方、加工可能ですので、ご相談下さい!。

で、ディスタンスのジョイント接着。

「何でもOK!」という訳ではございませんが、よろずご相談承りますので、困ったらスタッフに聞いてみて下さい。

勿論、一刀両断、「無理です!」の回答もありますが、聞くのはタダ。まぁ、相談の仕方の問題だと思うけど・・・。

2018-19工場長日誌 096-101

釣れそーにするには、こーゆー道具が必要です。

ひたすら削るだけですが・・・。

で、1枚CASCAD(カスケード)、1枚ICE(アイス)での発注。

で、井出くんのMIXTE。

ポリッシュ・先端修正・厚み調整すると、

こんな感じ。

LYNX(リンクス)やってたら、削らなくてイイ所も削れた・・・。

で、換装用新品ICEからの、

持込MIXTEで本日終了。

2018-19工場長日誌 090-095

とりあえず、庭野くんの。

で、こんなのを

こーゆーので買収され、

またこんなのを

こんな感じにして、

更にコレが

こーなって、

ガサッと貯まったのを

片付ければ完成!。

2018-19工場長日誌 088-089

30Jのボタンが逝った。修理可能モデルとは言え保証切れ。しかし、デナリ担当の敏腕営業のためなら・・・。

つーか、削り仕事に飽き飽きしていたのでノリノリです(笑)!!。

押しまくりでボタンに穴が。GARMINあるあるですが、パーツ販売はしていません。

ならばハリボテの店頭モックからパネルまわりを移植です。

パネル交換など液晶交換に比べればお子様。部品さえ手に入ればどーにでもなりますが、まぁ、入手経路に難ありです。

デナリ担当の優秀な営業マンだから作業いたしますが、普通ならジャンクから移植するぐらいしかやりよーないよね。

で、コレまた普段しない作業。ヒロケンさん所蔵の見た事ないアックスをチューンドさせて頂きます。

使えば使う程、道具の違いなんて分かりますから、大先生クラスになりますと希望の厚みなど即決。話し早っ(笑)!。

デフォルトと比べ、

チューンドと比べ、

こーゆー違いを理解して頂けると職人冥利に尽きますが、「結果、削れば何でも入るじゃん!」止まりの評価です。

ベテランならもう少し繊細な表現出来ないかなぁ~。おもしろそーな案件、お待ちしております。

2018-19工場長日誌 087

小学校の頃「えんぴつ削る係」ってあったよーな、なかったよーな・・・。

アイス卒業ですが、使い所はいくらでもあります。

で、次のペア。

ここまで来てまだ使うなら抜歯確定。

歯を抜いただけで凄くカッコよくなります!。

更に次。

画像左は微妙な感じで、施術検討中・・・。

更に次・・・。

デナリさん、別に「素人お断り!」という訳ではないのですが、こーゆーの見てご理解出来る方をマニアと言うだけで・・・。

使用目的や状態を見極めて最適なご提案をしているつもりですが、「頼んだのに断られた!」的な事言われてもねぇ~。

ハッキリ言っておきますが、メンテは所詮メンテナンス。不安で仕方ないなら新品購入が最善!!。

病院でセカンドオピニオンをお伺いすれば当然受診料が発生致しますが、なんと、当店のセカンドオピニオンはタダ!?。ご相談のうえ最適な処置をご提案させて頂きまぁ~す(笑)!!。

2018-19工場長日誌 086

PEAKSさんの取材用にみつくんに借りたクランポンとピッケル。タダ研ぎの条件は「現役でヨレてるもの」。理想的な感じ。

程よくないと無駄な作業が増えますし・・・(笑)!

今シーズンは雪が少なく消耗激しいハズです。来シーズンのためのメンテ、常時受付中!。

シーズンインしますとチューンド作業に追い込まれてますからそちらが優先です。半年放置しておいて、「この週末に使いたい」なんて言われてもねぇ~。

まぁ、使わないのであれば早めにご依頼下さい!!。

2018-19工場長日誌 083-085

SIROCCO(シロッコ)にCTのGALAXY(ギャラクシー)用バイザーつけます。

この組合せのイイ事は、PETZL WORK純正のbolle Ver.と違い、バイザーの脱着が容易なこと。

で、ヒールブロックのメンテ。

で、相当逝ってるDART(ダート)・・・。

からの、相当逝ってるBLADE RUNNER(ブレラン)・・・。

ワンポイントづつの処理なので、地味な事この上なし・・・(笑)!。

で、明日2/24(日)21:00~、フジテレビ『アオハルTV』にて、工場長、武器職人として地上波デビューです。ヒロミさん・成ケンちゃんとの絡みをお楽しみ下さい(笑)!。

2018-19工場長日誌 079-082

P社系ピックの作業が一番多いですが、大抵はICE(アイス)やPUR’ICE(ピュアアイス)。

とはいえ、旧々QUARK(クオーク)に標準装備だったCASCAD(カスケード)もまだまだ現役です!!。

デフォルトと比べるとこんな感じ。

ICE(アイス)はこんな感じ。

で、PUR’ICE(ピュアアイス)。

ちなみに、旧々QUARK(クオーク)シャフトにICE(アイス)やPUR’ICE(ピュアアイス)は乗りますが、現行型のQUARK(クオーク)には、CASCADE(カスケード)は乗りません。つーか、ポン付け出来ません。

また、旧々QUARK(クオーク)シャフトにICE(アイス)やPUR’ICE(ピュアアイス)を乗せると角度が変わるので、いつもの打ち込みと感じが変わります。

まぁ、何かおかしな事したい人は工場長にご相談下さい。その野望、実現の可能性アリかもしれませんから!(笑)。

で、見た事ないフルートブーツのフロントポイントやって本日終了。