これから遠足

これから九州の離島に大人の遠足です。

とりあえず、鹿児島空港到着。

ただ、出だしからDは来ないわフライトは遅れるわ定期便にはギリギリだは、ヤバい雰囲気が・・・。

まぁ、船には乗れたので良しとします、行ってきま~す!!。

5月も終わり

5月も終わりすっかり6月ですわ。この前お正月だったのにもう半年消化する勢い!?、恐るべし、令和元年・・・。

さて、裏手にあった現場事務所も撤去され、大分視界が開けました。

事務所棟は最上階まで伸びてガラスもほぼ入りました。

で、教育・公益棟にもガラスが入り出し建物感が増してます。

デナリさん移転予定地はこの裏手になりますが、毎度の事ながら半年後まで店があるかは分からん!(笑)。

来月あたりから裏手の駐車スペースもなくなります。お車でお越しの方は近くのコインパーキングに停めて頂く事になりますので、ご注意下さい。

職務放棄の日々

工場長日誌用に撮りためた画像やら、マニア向け商品のご紹介やら、ネタはふんだんにありますが、諸事情ござまして、わたくし、ブログ書かずの日々を送っております。何故なら、店にいないから・・・。

<月曜・火曜> リボルト作業のお手伝い。

普段終了点は割とためらわず使いますけど、よくよく見ると危険な香りがプンプン。

「RCC1本乗り」か「流通には乗らないオリジナルハンガーに鉄グージョン」のどちらがイイかは分かりませんが、講師D助先生からの支給支点にフルテン。オシッコ漏れそー。(BUは勿論ありますが、まねしちゃダメよ)。

先生曰く、「リボルト職人たるもの、“死して屍拾う者なし”の覚悟で」とのこと。

わたくし、正直今までは「何か小難しい面倒臭そーな事言ってるなぁ~」側の人間でしたが、現場作業に同行したことで、その考えを捨てます!。

改めてその志と活動の重要性が分かりました、身をもって・・・!。日フリ リボルト職人の方々は偉い!!(笑)。

これらの活動には人手もお金もかかります。安心と安全のためにご賛同いただける方はJFAへの入会や岩場整備基金への寄付をお願いします。

<水曜日>
ご近所の釣り雑誌「つり丸」のSくんの「取材同行」の体で駿河湾。なんとなく「仕事してる感」は出る(笑)。

仕事熱心なSくん・・・。カメラを持つ時間より、竿を持つ時間が長いのはデナリ水産事業部部長が使えないから。撃沈・・・。

<木曜日>

山道具下ろして釣り道具積んで、また釣り道具下ろしてまた釣り道具積んで、今日は相模湾で深海魚調査。昨日の惨敗を取り戻せるのか!?。

何も起こらず最終投入でしたが、「泣きの1投」でイイ感じの軽さ!。見ていろ、トリちゃん!!。

ほら、浮いたぁ!!!。

今シーズンは忙しくてなかなか参加出来ませんでしたが、2回目にして平成最後の紅抜きに成功!!。負のスパイラルからの脱出、いや~ヤバかった。

建物は大分育ちましたが、こんな調子で来年の移転入居まで店はあるのか!?。遊んでばかりいるよーに見えた人、それは違います!!。

大人の遠足

このところ飛び込み仕事ばかりでスケジュールがたちません。だからアっと言う間に2月も終わっちゃいました・・・。

つーか、とりあえず頼めばどーにかなる「暇な人!?」と思われているのかしら?。

まぁ、肯定はしませんが否定もしません(笑)!。そんな訳で画像左の3名、私以外にも都合良くスケジュールを調整出来る優秀な暇人達!?(笑)。

ベースはロケなんですが、こんなに大きい石がいっぱい転がっていろと、別のロケハンも出来る訳で・・・。

Hさん3.5人分、ボルダエリアとしてのポテンシャルはなかなかのモンです!。

祖谷蕎麦旨かった!!。画像?、そんなモンはありません!。

『木村道成さんを送る会』にご出席頂いた皆様へ

アっと言う間に師走でございます。

この度は『木村道成さんを送る会』にご出席頂きました多くの皆様、ホントにありがとうございました。

北は北海道、南は福岡から、木村さんと親交があった山中間、ガイドの皆様、お客様、メーカー代理店の皆様、メディア・山小屋・ショップ関係者の面々、日本全国津々浦々、所謂、「その筋の方々」にご出席頂けたことで、盛大に送る会が出来ました!。

不慣れなものですから、皆様にご満足頂けたかは分かりません。

「恥ずかしいから、やらなくてよかったのにさぁ~」と悪夢に毎夜うなされるかもしれません。

とはいえ、これで一区切りつき安心して年の瀬を迎えることが出来そーです(笑)。

お忙しい中、貴重なお時間と費用を使いご出席頂きました皆様には、唯々頭を下げるしか出来ませんが、盛大な送別が出来ましたこと、ホントにホントにありがとうございました。

多くの人に愛され、多くの人を愛した「The 山男」、故人木村道成さんに代わり、厚く御礼申し上げますとともに、コチラの記事からご挨拶させて頂きます。

ありがとうございました!!。

釣りに行くハズが「吊り」になりまして(その2)

無線化ユニットは早々に出来上がり。仕様が同じだとは限らないので最終的には 繋げてみないと分かりませんが、理屈はこの前解明したから配線の差替えレベルでしょう。

で、今回の軽トラクレーンご依頼コンセプト。<1>ウインチ本体が取り外し出来る事。<2>使う時だけクレーン。<3>低予算・・・。

釣りに行く予定で前乗りし凪悪く現場バラシを喰らって昼まで寝ていた役立たずの人、そろそろ起きて下さい!。取れ高ゼロの不毛な1日になっちゃいますよ~。

荷台の穴開けなんか瞬殺、「軽」なんで。パイプ通して、仕込み済みのウインチ乗せればこんな感じ💛。

ハーネスに接続。

上昇、ご満悦。

回転、荷台移動。

獲物、荷下ろし中(笑)!!。

我ながら完璧(だと思われる!?)、依頼コンセプトを完璧にクリアーした作品!。主な使用部材は、固定ベース4枚、単管パイプ1本、ブラケット1個、滑車1つ、ボルトナット少々。

で、多大な思考と労力・・・。
★ウインチ側ベースは出来るだけ加工したくないので、固定ベースの穴3つを削り出し拡張してウインチ側ベースと固定ベースをボルトオン。
★引っ掛け引き用にはシャックルではなくアイボルトをチョイス。穴と固定の両立。
★アーム部分にはブラケット(長)を採用、2千円でお釣りが来る(笑)。個人的には軽量化のため先端クランプを切断してクランプ除去、滑車の直付けが理想。ただ、今回は再利用目的でクランプに固定ベースを握らせて滑車固定。
★単管パイプは360°可動するよう、固定ベース直刺し。加重に耐えられるよう軽トラ鳥居部分から補助ステー2箇所取り。
★軽トラ荷台は良さげな位置にM10ホール4箇所、補強で裏側から固定ベースをサンドイッチ。補助ステー固定で鳥居にタッピングネジ3箇所。

まぁ、俺のヒッチクレーンに比べれば、超簡単なシステムだわな。

猟期はじまる前に如何ですぅ?。ベース車輌に合った加工から取付まで、飲みにでも連れて行ってくれるなら、よろずご相談にのります。

えっ、費用ですか!?、勿論、高くつきます(笑)!。

釣りに行くハズが「吊り」になりまして(その1)

早速、無線化ガンガン食いついてきたヤツが1人・・・。

僕の場合ボートを引くためですが、成ケンちゃんは鹿やイノシシを引きずるのに使いたいらしい。

じゃぁ、どーせ俺に頼むなら、見切った無線化より「対けもの用クレーン仕様」じゃぁね!?。

本体とベース。
これをクレーン的ものに取り付ければ完成ですが、「雨ザラしは嫌なので機械部分は取り外したい」とか、「クレーンつきっパはご近所の手間よろしくない」とか、俺には理解不能な注文が多い。

あぁ~、分かりました!。キノコの件もあるので、脳みそフルパワーで考えます!。

電動ウインチ無線化計画(その2)

「電動ウインチ 無線化」で検索すれば、すぐに見つかると思っていた配線図、全然見当たりません。

それでも色々探してやっと出来た配線図がコレ。そのうち誰かの役に立つ日が来るであろーから、ガッツリ載せておきます。

基本、よく分かってないので、これから先は結線して動かしてみないと正解かどーかも分かりません・・・。

所詮、12V。リモコンのIN/OUTが逆になったところで、単純モーターなんて線入れ替えればイイだけだし、軽く痺れる程度です!(笑)。

有線はこんな感じでIN/OUT。

一発目、モーター側赤端子にIN制御黄色線、モーター側黒端子にOUT制御白線。

まんまとハズレ、IN押すと出て行った・・・。

二発目、モーター側黒端子にIN制御黄色線、モーター側赤端子にOUT制御白線で正解!!。確立1/2だから当然?。

バッ直仕様なので、あとはクランプメーター噛まして電流計ってみて、スローブローヒューズでも噛ませればよろしいかと。

電動ウインチ無線化計画(その1)

長雨の折りやる事ないし、ササクレ立ったワイヤーが危ないのでロープに変えてみた。

最近のヒモは針金より優秀ですからね。

で、今風にしたらなんか有線コントローラーがダサく思えてきた。繋がれた犬同様、ウロウロ出来ない。無線化してみよーか。

ポチってお取り寄せしたのは安物無線化ユニット。本体5K程度の安物ウインチには、安物で十分。リレー付きセットでお値段3K以下。

「リレーには取り扱い説明書は付属しておりませんので、ご了承ください」との記載。覚悟してましたけど、IN/OUTの5極リレー制御、今一分からん。

配線色とか適当だし、もう頭の中大変(笑)!!。

あぁ~、回路分からねぇ~!!。

内部潜入と画伯

普段は遠くから見るだけですが、久し振りに現場内部に潜入、ここ数ヶ月で大分育って来た

まぁ、それにしても9月はよく降りましたねぇ・・・。

その昔、デナリさんがあった場所にはクレーン車が置いてあり、

ビルのエントランスはコチラになります。

まぁ、ココで山道具屋やる気はもーとーございません。

出展予定地は右側の建物の奥の方。まだ何も建ってないけど・・・。

で、その後新宿に移動して「橋尾歌子先生の出版記念パティー」に。

「ホテルの大広間貸切で盛大にヤル説」も出ましたが、チキンな歌子ねーさんはそのプレッシャーに負け、断念!

結果、こーゆーメンバーでした。

皆様、歌子ねーさんの夢の印税生活のため、『それいけ避難小屋』是非ご購入下さいね💛!!。