2017工場長日誌 084(3/3)

ヨレたピックの個別画像。

PUR’ICE(ピュアアイス)1つ目。

PUR’ICE(ピュアアイス)2つ目。

終わればこんな感じ。

次はヨレICE(アイス)。

終わればこんな感じ。

接写距離が日増しに近くなってきます。先端マニアの人はもうこーゆー画像にも慣れたと思いますが、でなりぶろぐビギナーの人はどー思うんだろ?。

工場長的には、個別具体的な症例収集以外興味なし!!(笑)。

2017工場長日誌 084(2/3)

注油して組込。

で、終わりと思いきや・・・。

トゥーベールの溶接飛んでるやんけぇ~!!。

デフォルト溶接だからボール盤でホールしてリベット打ちです。あぁ~面倒臭い!!。

DART(ダート)のダメフロントポイントの集合体。

頭飛ばして、

整形。

2017工場長日誌 084(1/3)

大量の修正依頼です、コレ1名様分・・・。

BLADE RUNNER(ブレードランナー)×1、DART(ダート)フロントブロック×2、ICE(アイス)×2、PUR’ICE(ピュアアイス)×4。

先っちょばかり見ていてゲロ出そう・・・。

とりあえず、ブレランの前後ブロックをパリッと。

フロントポイント直す。あぁ~、抜歯するか悩むなぁ~。

次回は1枚は確実に抜歯だな。

2017工場長日誌 080-083

1人作業ですから、まぁー減らない。

「直ぐに出来ます?」なんて気軽にお尋ねになる方、ご心配なく。絶対直ぐには出来ません!!。

とは言え、実際には当日上がる時もあるし、一週間はかかる時もあります。要は「混み具合と作業内容」で進捗がかなり左右される。

例えば、新品のピックをご購入され、「ついでにコレも」なんていう場合。

新品は余計な作業がないから、そりゃー早い。

が、修正からの研ぎ出しとなると一気にスピードダウン。

これで2名様分ですが、修正研ぎ出しに納期が引っ張られる。

で、更に2名様分こなして終了。

まぁ、別の納期であれば押さないので、まずはデフォルト新品ピックを僕に研がせて下さい。ご自身で研いだものや事故物件研いだところで、工場長の技、今一光りませんので(笑)。

新ワカン「ラッセン」

裏返してクランポン対応なマジックマウンテンのワカン「ネイジュ」。
そのネイジュのブーツが載る2本のデッキベルトをポリウレタン加工したモデル!!
「ラッセル」税込10,584円

今までのテープは使用を繰り返した場合に毛羽立ち、
特にその状態の時、雪が着きやすくかったのですが、解消です!!

また、丈夫な素材ですのでネイジュの600円差は埋めてくれます。

2017工場長日誌 079

長い正月休みとは言え、営業初日でリバウンです・・・。

初仕事、多すぎねぇ~か!?。

先ずはフロントポイント修正、LYNX(リンクス)。ビフォアー。

アフター。

次にピック修正。PUR’ICE(ピュアアイス)。ビフォアー。

アフター。

バリバリろーがんが進んでいるので、まぁ~、この手の作業が煩わしい。

年をとるごとに作業工賃、価格改定かなぁ(笑)。

ナンガ厳冬期カスタム!!

国内厳冬期
「UDD BAG 630DX」では寒くて
「UDD BAG 810DX」では重い
そんな方には、
特注「UDD BAG 700DX」
今年は人気ありますね!!

超撥水加工の770フィルパワーダウンで湿気や濡れにも安心です。
下記はカンデラとのサイズ比です。

ナンガ特注シュラフに関しましては、
当店にご来店の上ご相談ください。

2017工場長日誌 076-078

新品からの研ぎと、一旦断ったもげたICE。

まぁ、「それでもやる」と言うならやりますが、ホントはこーゆー仕事は受けたくありません。一流料理人なら、腐った食材から飯作らないでしょーから。でも、工場長なので、今よりはましにしますけど・・・。

とりあえず、▲の復元に励みますと、

こんな感じななります。

よーするに、研ごーが、研ぐまいが、▲を石にぶつければ簡単に逝ってしまいます。刺さらないピックでパワー倍増して叩けば、リスクも倍増です・・・。

溝がなくなったタイヤの溝を彫刻刀で彫ったり、消しゴムのカス集めてもう一度消しゴム作ったりしないよーに、ピックも消耗品です。

リソールすれば「買った時の状態に戻る」なんて思っていませんよね?。ピックの修正もそんなモンです。

で、年内最後の作業はコレ。追い込まれすぎて、完成画像なし。

2017工場長日誌 074-075

まぁ、卒業生からの何時もの糞仕事です。

ハーネス縫わされて、

この状態から接着、

ヨレたカム渡されて、

ワイヤー交換とトリガー補修。

この忙しい時期に、ハッキリ言って迷惑です・・・。

邪魔が入らなければ余裕でもっとイケた。