19SS、来年の新作・気になる物(その9)

G社の正規代理店と言えばMMさんですが、来期、Kayland(ケーランド)社もお取扱いに。

『俺とケーランド』と言うタイトルで作文書けるぐらいケーランド歴は長いので、来期はデナリさんの売場にも並ぶ予定。上がればな・・・。

で、またアレのパクり、いや、「オマージュ」モデルがRIDからも出ます・・・。

“S”被りなSALATE(サラテ)。

あと、面白そーなのは「カラビナ付きリギングプレート」or「リギングプレート付きカラビナ」なこんなのとか、

プーリー付きブロッカーの新製品。

そんなところですかね。

19SS、来年の新作・気になる物(その8-3)

コチラ、NOMIC(ノミック)、ERGONOMIC(エルゴノミック)のヘッド・グリップ周りのパーツ。

はじめに言っておきますが、ミニハンマーとピックウエイト(商品名マエストロ)以外、つまり、皆さんお悩みの「穴とスピッツ」がついているグリップレストは今までのモデルにはメーカー公表「付きません」と言うことです。悪しからず。

勿論、新製品なエルゴノミックには、穴付きスピッツな「GRIPREST NOMIC(グリップレスト ノミック)」は付きます。

まぁ、従来ノミックのグリップポジション固定前提でのカスタムには興味アリですし、そこをどーにかするのが工場長です。実機来たら検証してみます。自信あり(笑)!!。

で、newノミックのデフォルトの新型PUR’ICE(ピュアアイス)と オプションDRYピックのPUR’DRY(ピュアドライ)。

新型PUR’ICE(ピュアアイス)は上にギザギザがついてアックスの頭側撞きをサポート。

更にトゲトゲしたもう1枚が未知なるPUR’DRY(ピュアドライ)。通し4mm厚にP社には今までなかったG社よりな切っ先。

あ~、PUR’DRY(ピュアドライ)、削ってみたい・・・。

で、緊急告知。只今、デナリさんにはERGONOMIC(エルゴノミック)が遊びに来ています。

3兄弟でご来店でしたが、QUARK(クォーク)さんとNOMIC(ノミック)さんは埼玉に帰りました。

1,2日軟禁しますので、マニアの方是非触ってみて下さい💛。

まぁー、そーゆー事なんで、あそこについては「自信あり」ではなく「確信」かな。

19SS、来年の新作・気になる物(その8-2)

向かって左がNOMIC(ノミック)、右がERGONOMIC(エルゴノミック)。

ノミックは言えばマイナーチェンジ、エルゴノミックはエルゴのマイナーチェンジではなく、ノミックのハイエンド版で純粋に「新製品」な位置づけ。

NOMIC(ノミック)の変更点は、「シャフト形状」、「グリップ周り」「ヘッド周り」ですかね。

グリップに関しては、肉抜きされ皆さんお悩みだった「スピッツと穴」がグリップレストに標準装備となりました。

ヘッド周りは、デフォルトピックが「新型ピュアアイス」、標準装備で「新型ミニハンマー」、クラック向け形状「新型ピックウエイト(商品名マエストロ)」。

コチラのピックウエイトはこんな使い方も。ガリハンにチョイ足しすればもう少し叩けるよーな気がしてくる・・・。

新製品をより知りたい人はコチラの動画を。

19SS、来年の新作・気になる物(その8-1)

歌子ねーさんの「夢の印税生活」押しにより1記事増えたうえ、タイトルから外れてスミマセン!!。

「来年」ではなくて「もうすぐ」、皆さん気になるアレが置いてあるアルテリアさんブースにいよいよ到達しました!!。

先ずQUARK(クォーク)の変更点は、「シャフト形状」と「グリップ周り」(グリップがやや細くなり、トリグレスト(上の角)、グリップレスト(下の角)のパーツ変更、スピッツ形状)ですかね。

グリップレストは「収納可」な訳で、外れる訳ではありません。ピッケルのよーに地面にガンガン刺すには不向き。外れる時は壊れた時なので、注意して使って下さい。

19SS、来年の新作・気になる物(その7)

火器にも「大人の事情」はつきまといます・・・。頑張れ、M S R !!

LA SPORTIVA社のTRANGOシリーズでは、「TRANGO TECH(トランゴテック) GTX」が追加される。

そのせーかどーか知りませんが、長い道のりを経て通常在庫に昇格した「Torango Guide Evo(トランゴガイドエボ)」は本国ドロップ。

マイナーチェンジを繰り返し、やっと俺的完成型になったガイドですが、その代わりにテック入も「醤油の代わりにソース」みたいなモンで、味が全然違うんだなぁ~。

いっぱいある中でどれにするか、何が違うのか、同じ物でも使い方・使い手によって評価は千差万別、「自分に合った道具選び」は難しい。

19SS、来年の新作・気になる物(その6)

先日、19SS最後の展示会に行って来ましたが、8月分の残りから。

「大人の事情」でまだ販売に至らない食器類はさておき、SEA TO SUMMIT社の寝袋のラインナップが豊富になります。

I / II / III で展開されていたSpark(スパーク)に0 / IV と追加され、使用範囲が広がります。国内4シーズン、スパークシリーズで対応可能!!。

更には、女性モデルとしてFlame(フレーム)もリリース。

M’s/W’sではカッティングも異なりますが、中綿量・総重量スペックはこんな感じで違います。

で、もう一つ大きな違い、と言うか注意点。STSの寝袋はM’sモデルが「左ファスナー」、W’sモデルが「右ファスナー」の設定になる模様。右ファスナー以外受け入れられない男性には向きませんね。

個人的にはハッキリ言ってどちらでもイイのですが、日本の寝袋と言えば「右」が好まれます。

「右利きが多いから」なんて説もありますが、右手で閉める最後が狭くて閉めにくい。むしろ、左ファスナーの方が楽じゃね??。

STSシュラフはとても優秀なので、ラインナップが充実し更に優秀!!。

19SS、来年の新作・気になる物(その5)

SSでもFWでも、BDヘッドランプは常にスペック変更があります。

もう、何時が買い時か仕入れる方も分からないので、飽きたら直ぐ買って下さい(笑)!!。

今回の大幅な変更点は「ボタンを分けてみた」です。あと厚みも・・・。

メインスイッチとモード変更ボタンが分かれたので、超分かりやすい!!。老化が進み複雑な機構にウンザリしている方、買い替え時期です!!。

専用ストックつき?、専用シェターつき?、来期の「ディスタンス」冠はラインナップ充実です。

6.9mm~9.0mm径対応のビレイデバイス。最近の細径ロープ事情にマッチしたアイテム。なかなか渋い新製品ですな。

19SS、来年の新作・気になる物(その4)

一昔前の展示会はコレからが本番でしたが、最近は7月中にほぼ終わります。で、ギア系代理店大集合な浅草会場ネタ。

Camalot C4(キャメロット C4)、10%の軽量化と#4・#5・#6に「トリガーキーパー」搭載。

今やカムの代名詞、流石「キャメロット」。非常に良く出来ています。

肉抜きは勿論、

カムローブのパターン変更、

ステムベースの変更、

カムローブ幅の変更など・・・・。

もうその造形美を見ているだけでおかわりできます!!。

「全サイズ買い替え!?」、え~と、それは別の話なんですけど・・・(笑)!!。

腹決めた方は先行予約受付いたしますので、スタッフにご相談下さい💛。

19SS、来年の新作・気になる物(その3)

CAMP CASSINブースの新作はコレ。

Swing(スウィング)。もう、アレのだだパクりではありますが、摘まみやすいリップがポイント。リリースが楽です。

CTブースでもパクり、いや、アレのオマージュアイテム発見・・・。商品名「トリッキー」てのもイイ線いってる(笑)!。

他社から発売される改良バージョンな新製品、山道具も日々進化するとは言え、限界はあるからしゃーないね。

来年からキャラバンさんが扱うクライミングシューズは、大人の事情で、FiveTen(ファイブテン)からUNPARALLEL(アンパラレル)になります。

ファイブテンの靴も代理店がかわり、引き続き国内展開しますが、廃盤・新作・モデルチェンジなど詳細は来春です。